基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問34
問34   フェールセーフ設計の考え方

 フェールセーフ設計の考え方に該当するものはどれか。

ア 作業範囲に人間が入ったことを検知するセンサが故障したとシステムが判断した場合,ロボットアームを強制的に停止させる。

イ 数字入力フィールドに数字以外のものが入力された場合,システムから警告メッセージを出力して正しい入力を要求する。

ウ 専用回線に障害が発生した場合,すぐに公衆回線に切り替え,システムの処理能力が低下しても処理を続行する。

エ データ収集システムでデータ転送処理に障害が発生した場合,データ入力処理だけを行い,障害復旧時にまとめて転送する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 フェイルセーフは、故障や障害が発生しても予備のシステムに切り替え、 通常と同じレベルを維持してシステムを停止させないで安全に保つシステムである。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]