基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午前 問64
問64   暗号方式に関する記述

 暗号方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 共通鍵暗号方式は,多数の相手との通信の際,同一の暗号化鍵を用いても安全である。

イ 公開鍵暗号方式では,暗号化鍵を通信相手へ秘密裏に配信する必要がある。

ウ 公開鍵暗号方式は,共通鍵暗号方式に比べて復号処理が単純かつ高速である。

エ 通信の開始時に共通鍵を公開鍵暗号方式で暗号化して相手に送り,データの暗号化を共通鍵暗号方式で行う方法が実用化されている。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 公開鍵暗号では、暗号化と復号化で別の鍵を使う。公開鍵は、誰でも閲覧可能で秘密鍵は、 本人しか知らない鍵である。公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でないと復号化できなく、 秘密鍵で暗号化したものは公開鍵でないと復号化できない。

ア:誤り。多数の相手との通信の際、同一の暗号化鍵を用いることは危険である。

イ:誤り。公開鍵暗号方式では、暗号化鍵公開する。

ウ:誤り。公開鍵暗号方式は、共通鍵暗号方式に比べて復号処理が複雑である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]