基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午後 問01
問01   ハードディスク装置に関する記述

 ハードディスク装置に関する次の記述を読んで,設問に答えよ。

X社は,同型のハードディスク装置 1,200 台で構成されるデータセンタを運営している。 このうち,1年当たり平均 24 回の装置が故障し,置き換えられる(以下,交換という)。 故障によるハードディスク装置の交換には,1回当たり 10 万円の交換費用がかかるが, 装置購入費(装置価格)はかからない。 また,データセンタを構成するハードディスク装置は,耐用年数に達する前に,

毎年 200 台ずつ計画的に置き換えられる(以下,入替えという)。 この入替台数は,故障の発生数とは無関係である。 入替費用は,次式で計算される。作業費は1万円である。

   入替費用 =(装置価格+作業費)× 入替台数

X社は,来年ハードディスク装置の総入替えを行うことになり,新たに利用する

ハードディスク装置を,表に示す機種の中から選定する。各機種は, MTTF ( Mean Time To Failure :故障までの平均時間)と装置価格が異なる。 表中の y は現在使用しているハードディスク装置の MTTF と同じ値である。 MTTFは,次式で計算される。

  MTTF = 延べ稼働時間 ÷ 故障台数

表 選定候補機種リスト
機種 装置価格(円) MTTF(年)
A 50,000 y
B 52,500 1.2 y
C 54,000 1.6 y
D 56,000 2 y

 MTTF が y のときの1年当たりの平均故障台数が 24 回であることから, データセンタで利用するハードディスク装置を,MTTF が 1.2 y である機種Bに 総入替えすると,1年当たりの平均故障台数は 24 ÷ 1.2 = 20(台)になると見込まれる。

設問 次の記述中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。

 X社のデータセンタが現在利用しているハードディスク装置の MTTF は, 年である。 また,ハードディスク装置を,MTTF が 100 年の機種に総入替えすると, 1年当たりの平均故障台数は 台になると見込まれる。 データセンタで利用するハードディスク装置を,表中のいずれかの機種に総入替えした後の, ハードディスク装置の年間の入替え及び故障による交換にかかる総費用が最も安くなると 見込まれる機種は であり, 最も高くなる機種は である。 総費用は,機種の違いによって,次式で計算される額だけ差が出る。

  機種の違いによる総費用の差額 =(装置価格の差 × 入替台数)
                          +(交換費用 × 故障台数の差)
                 =(装置価格の差 × 200 )
                          +( 100,000 × 故障台数の差)

a,b に関する解答群

ア 0     イ 1     ウ 2     エ 5

オ 6     カ 12     キ 24     ク 50

c,d に関する解答群

ア A     イ B     ウ C     エ D

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

解答 c ←クリックすると正解が表示されます

解答 d ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]