基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成18年 秋期 基本情報技術者 午後 問02
問02   関係データベースに関する記述

 関係データベースに関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。

 ある酒屋では,次に示すファイル様式で管理していた会員への販売データを データベース化することにした。

伝票番号は,1回の支払いに対して一つ割り振られる。 管理すべき情報を精査し,情報を追加するとともに正規化を実施して,次に示す

四つの表からなるデータベースを設計した。網掛けした項目は主キーである。

会員表
会員 ID 氏名 電話番号        住所         
020001山田太郎 03-0000-0001東京都文京区…
020002中村二郎 03-0000-0002東京都新宿区…

販売表
伝票番号 日付 会員ID  販売額  
00000001 20061002 020002 4490
00000002 20061002 040027 2000
00000003 20061002 020004 12700
     販売明細表
伝票番号 商品コード   個数  
00000001 BE0001 3
00000001 NI0002 1
00000002 WI0001 1

商品表

商品コード 分類 商品名   単価  
BE0001 ビール A ビール 230
BE0002 ビール B ビール 230
WI0001 ワイン C ワイン 2000

設問1 データベース設計における第1正規化の考えに基づいて実施した操作を, 解答群の中から選べ。

解答群

ア 会員表を作成し,データの重複をなくした。

イ 商品表を作成し,情報の独立性を高めた。

ウ 販売明細表を作成し,販売情報から繰返し要素を排除した。

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2 データベース設計における正規化による直接の効果として適切なものを, 解答群の中から選べ。

解答群

ア 会員情報の集約によって,セキュリティが強化できる。

イ 表間の独立性が高まり,会員情報や商品情報を更新する際の影響を局所化できる。

ウ 将来, OS や DBMS などを変更する際,移行が容易になる。

エ 会員の購入歴など,複数の表を連結してデータを検索する際,処理性能が向上する。

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問3 作成したデータベースを利用して,販売促進のためのデータを抽出する。 1回の支払いが1万円以上の買物をした会員の氏名と住所を抽出したい。 次の SQL 文の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

SELECT DISTINCT 会員表.氏名, 会員表.住所

   FROM 会員表, 販売表 WHERE

解答群

ア MAX (販売表.販売額) >= 10000

イ SUM (販売表.販売額) >= 10000

ウ 販売表.販売額 >= 10000

エ 会員表.会員ID = 販売表.会員ID AND 販売表.販売額 >= 10000

オ 会員表.会員ID = 販売表.会員ID AND MAX (販売表.販売額) >= 10000

カ 会員表.会員ID = 販売表.会員ID AND SUM (販売表.販売額) >= 10000

解答 ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問4 過去にワインの購入歴がある会員の氏名と住所を抽出したい。 次の SQL 文の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

SELECT DISTINCT 会員表.氏名, 会員表.住所

FROM 会員表, 販売表, 販売明細表, 商品表 WHERE

解答群

ア 会員表.会員 ID IN ( SELECT 販売表.会員 ID FROM 販売表, 商品表

WHERE 商品表.分類 = 'ワイン')

イ 会員表.会員 ID = ( SELECT 販売表.会員 ID FROM 販売表, 商品表

WHERE 商品表.分類 = 'ワイン')

ウ 会員表.会員 ID = 販売表.会員 ID

AND 販売明細表.商品コード = 商品表.商品コード

AND 商品表.分類 = 'ワイン'

エ 会員表.会員 ID = 販売表.会員 ID

AND 販売表.伝票番号 = 販売明細表.伝票番号

AND 販売明細表.商品コード = 商品表.商品コード

AND 商品表.分類 = 'ワイン'

解答 ←クリックすると正解が表示されます

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]