基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   文字列

 文字列 A が“aababx△”,文字列 B が“ab△”であるとき, 流れ図の終了時点の k は幾らか。 ここで,文字列の先頭の文字を1番目と数えるものとし, A [ i ] は A の i 番目の文字を, B [ j ] は B の j 番目の文字を,“△”は終端を示す文字を表す。

ア 0     イ 1     ウ 2     エ 4
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 流れ図は、文字列Aの先頭から文字列Bと比較し、文字列Bと同じ文字列があるか 検索するものである。
  1. 文字列Aの先頭の文字"a"と文字列Bの先頭の文字"a"を比べる。(同じ)
  2. 文字列Aの2番目の文字"a"と文字列Bの2番目の文字"b"を比べる。(違う)
  3. 文字列Aの2番目の文字"a"と文字列Bの1番目の文字"a"を比べる。(同じ)
  4. 文字列Aの3番目の文字"b"と文字列Bの2番目の文字"b"を比べる。(同じ)
  5. 文字列Aの4番目の文字または、文字列Bの3番目の文字が空白か調べる。 (文字列Bの3番目の文字が空白である)
  6. kの値を計算する。
Kの値は、文字列Bが文字列Aの中に見つかった場合の先頭の位置を示すので、 この場合は、2となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]