基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問45
問45   ソフトウェアの再利用

 ソフトウェアの再利用に関する記述のうち,最も適切なものはどれか。

ア 大きい部品を再利用するよりも,小さい部品を再利用する方が,単位規模当たりの開発工数の削減効果は大きい。

イ 再利用可能な部品の開発は,同一規模の通常のソフトウェアを開発する場合よりも工数がかかる。

ウ 部品の再利用を促進するための表彰制度などのインセンティブの効果は,初期においては低いが,時間の経過とともに高くなる。

エ 部品を再利用したときに削減できる工数の比率は,部品の大きさに反比例する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 大きい部品と小さい部品のどちらがよいかは、開発するシステムによって異なる。

イ:正しい。

ウ:誤り。 インセンティブとは、奨励金や褒賞を与えて、ものごとに取り組む意欲を 高める効果を与えることである。

エ:誤り。 部品を再利用したときに削減できる工数は、部品の大きさに反比例することはない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]