基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問72
問72   コスト見積りに関する記述

 毎年 1,000,000 個の製品を生産している工場がある。 不良率は5%であり,不良品1個当たりの損失額は 10 円である。 不良率を低減させ,製品1個当たりのコストを削減させるために,表に示す機器 A,B の導入を検討している。 生産量,不良品1個当たりの損失額は変わらず,機器はそれぞれ5年間使用する。 機器の導入によるコスト見積りに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  導入後の期待不良率 導入金額
機器 A 3.5 % 80 万円
機器 B 1.5 % 160 万円

ア 機器 A はコスト削減が期待できるが,機器 B ではコスト増加になる。

イ 機器 B はコスト削減が期待できるが,機器 A ではコスト増加になる。

ウ どちらの機器を導入しても,コスト削減が期待できる。

エ どちらの機器を導入しても,コストは導入前と変わらない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 性能がいいが高価な機器Bと性能は少し劣るが安い機器Aのどちらを選ぶか、 または、どちらも選ばないかを決める問題である。

◎機器Aを導入した場合

1年間の損失額=1,000,000個×期待不良率(0.035)×10 円= 350,000 円

1年間の機器の償却額=導入金額(80万円)÷5年間=160,000円

1年間のコスト=350,000 円+160,000円=510,000円

◎機器Bを導入した場合

1年間の損失額=1,000,000個×期待不良率(0.015)×10 円= 150,000 円

1年間の機器の償却額=導入金額(160万円)÷5年間=320,000円

1年間のコスト=150,000 円+320,000円=470,000円

◎どちらもを導入しない場合

1年間の損失額=1,000,000個×不良率(0.05)×10 円= 500,000 円

よって、機器Bはコスト削減が期待できるが、機器Aではコスト増加になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]