基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 春期 基本情報技術者 午前 問71
問71   ステークホルダを重視する目的

 企業経営において,ステークホルダを重視する目的はどれか。

ア 企業存続の危機につながりかねない,経営者や従業員による不祥事の発生を抑制する。

イ 競合他社に対する差別化の源泉となる経営資源を保有し,競争力を強化する。

ウ 経営者の権力行使をけん制し,健全な経営を行うことができる仕組みを作る。

エ 顧客,株主,従業員などの利害関係者の満足度を向上させ,企業の継続した発展を図る。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ステークホルダー(英語Stakeholder)とは、企業や行政などに対して、 利害関係がある個人や法人のことで、利害関係者のことである。

 企業であれば、消費者、企業の従業員、株主、得意先などを指す。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]