基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問05
問05   連立一次方程式の解を求める

 コンピュータで連立一次方程式の解を求めるのに,式に含まれる未知数の個数の 3乗に比例する計算時間がかかるとする。あるコンピュータで 100 元連立一次方程式の解を 求めるのに2秒かかったとすると,その4倍の演算速度をもつコンピュータで 1,000 元連立一次方程式の解を求めるときの計算時間は何秒か。

ア 5        イ 50        ウ 500        エ 5,000


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 100 元連立一次方程式の解を求めるのに2秒かかる場合、1,000 元連立一次方程式の解を 求めるときの計算時間を計算する。この場合、「未知数の個数の3乗に比例する」 と指定されているので、計算時間を a 秒 とすると以下のようになる。

a = 2 × 10003 ÷ 1003
  = 2000(秒)

 4倍の演算速度をもつコンピュータで計算した場合は、計算時間は4分の1になるので 500(秒)となる。

【平成17年秋 問07】

【平成15年秋 問05】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]