基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問08
問08   標本の分布と回帰直線を表したグラフ

 標本相関係数が−0.9,−0.7,0.7,0.9 のいずれかとなる標本の分布と回帰直線を 表したグラフのうち,標本相関係数が −0.9 のものはどれか。

ア      イ 

ウ      エ 


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 相関係数とは、2つの変数の間の相関を示す統計学的指標である。 相関係数は、-1 から 1 の間の値をとり、1 に近いときは2つの変数は正の相関があり、 -1 に近ければ負の相関がある。

 相関が負のものは、右下がりのグラフになり、「ウ」の各点の方が「エ」より、 直線に近いので「ウ」が −0.9 となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]