基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問36
問36   ADSLに関する記述

 ADSL に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 既存の電話回線(ツイストペア線)を利用して,上り下りの速度が異なる高速データ伝送を行う。

イ 電話音声とデータはターミナルアダプタ( TA )で分離し,1本の回線での共有を実現する。

ウ 電話音声とデータを時分割多重して伝送する。

エ 光ファイバケーブルを住宅まで敷設し,電話や ISDN,データ通信などの各種通信サービスを提供する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。ADSL は、既存の電話回線(ツイストペア線)を利用して、高速データ伝送を行う。

イ:誤り。ISDN の説明である。

ウ:誤り。ISDN の説明である。

エ:誤り。光ファイバ による通信の説明である。

【平成15年春 問40】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]