基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問49
問49   システム開発・運用

 システムの開発部門と運用部門が別々に組織化されているとき,開発から運用への 移行を円滑かつ効果的に進めるための方法として,適切なものはどれか。

ア 運用テストの完了後に,開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。

イ 運用テストを効率良く行うために,開発部門の支援を受けずに,運用部門だけで 実施する。

ウ 運用部門からもシステム開発に積極的に参加し,運用性の観点から助言する。

エ 開発部門は,運用テストを実施して運用マニュアルを作成し,運用部門に引き渡す。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 システム開発とシステム運用で部門が個々に組織されている場合、運用開始後は全て 運用部門で業務を行うことになる。そのため、運用開始前にシステム仕様・業務運用方法の 引継ぎを行うこと、また運用部門の人間がシステム開発に関わることが重要になってくる。 部門間の連携が密になることにより、より円滑に業務移行を行うことが可能となる。 よって、正解は「ウ」である。

【平成15年春 問58】類題


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]