基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問51
問51   アクセス管理の方法

 複数の業務システムがある場合のアクセス管理の方法として,最も適切なものはどれか。

ア 業務の担当変更に迅速に対応するためにす業務グループごとに共通の利用者 ID を使用する。

イ 人事異動が頻繁に発生する場合には,年初にまとめてアクセス権限の変更を行う。

ウ 新入社員の名簿に基づいて,あらかじめ全業務システムに全員の利用者登録を実施しておく。

エ 利用者の職位権限にかかわらず,業務システムごとに適切なアクセス権限の設定を行う。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。共通の利用者 ID を使用すると誰がいつアクセスしたか特定できなくなる。

イ:誤り。人事異動が頻繁に発生する場合、年度途中で以前の担当者がアクセス権限を持つことになる。

ウ:誤り。新入社員の配属が決定してから利用者登録を行うべきである。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]