基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問57
問57   診察する医師の特定もできる診察表

 "診療科"表,"医師"表及び"患者"表がある。患者がどの医師の診察も受けることができ, かつ診察する医師の特定もできる"診察"表はどれか。ここで,表定義中の実線は主キーを, 破線は外部キーを示す。

ア        イ 

ウ      エ 


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 患者がどの医師の診察も受けることができ、かつ診察する医師の特定もできるためには、 "診察"表には、「患者番号」が主キーとして必要である。

 また、"医師"表には、「診療科コード」があるので、1人の医師は1つの診療科に 所属しているが、1つの診療科には、複数の医師がいることがわかる。 よって、"診察"表には、「医師番号」が主キーとして必要である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]