基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午前 問66
問66   情報システムヘの脅威とセキュリティ対策

 情報システムヘの脅威とセキュリティ対策の組合せのうち,適切なものはどれか。

 
 脅威 セキュリティ対策
  ア  誤操作によるデータ
の論理的な破壊
ディスタアレイ
  イ  地震と火災コンピュータ内で複数の仮想化
OS を利用したデータの二重化
  ウ  伝送中のデータヘの
不正アクセス
HDLC 手順の CRC
  エ  メッセージの改ざん公開鍵暗号方式を応用したディ
ジタル署名


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。ディスタアレイは、複数の磁気ディスクに並列にデータを書き込み、故障などに対応するための 技術であり。利用者の誤操作によるデータの破壊を復旧することはできない。

イ:誤り。地震や火災などに対応するためには、別の場所にデータを保管する必要がある。

ウ:誤り。CRC(巡回冗長検査)は、データが壊れていないか調べるための検査で、 伝送中のデータヘの不正アクセスは検知できない。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]