基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問06
問06   文字列の組み合わせ

 0〜9の数字と空白文字を組み合わせて長さ3の文字列を作る。先頭1文字には数字を 使えるが,空白文字は使えない。2文字目以降には空白文字も使えるが,空白文字の後に 数字を並べることは許されない。何通りの文字列を作ることができるか。ここで, 同じ数字の繰返し使用を許すものとする。

ア 1110     イ 1111     ウ 1210     エ 1331
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 先頭の1文字目には空白文字が使えないので、先頭の文字は0〜9の10種類となる。

 2文字目以降には空白文字も使えるが,空白文字の後に数字を並べることは許されないので、 2文字目が空白文字の場合、3文字目も空白文字になる。

 よって、作成することができる文字は、

  1. 数字、数字、数字か空白文字……… 10 × 10 × 11 = 1100 種類
  2. 数字、空白文字、空白文字……… 10 ×1×1= 10 種類
求める組み合わせの数は、1110 種類となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]