基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問61
問61   データベースの障害復旧

 データベースの障害復旧に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア データベースのシステム障害に対しては, トランザクション処理の途中にスナップショットの設定をして,その時点からリスタート処理を行う。

イ データベースの媒体障害に対しては,バックアップ時点の状態に復元した後,ジャーナルファイルの更新後情報を使用してロールフォワード処理を行う。

ウ データベースの論理的障害によってトランザクション処理がデッドロック状態になり,処理が終了しない場合,排他制御を解除する。

エ トランザクション処理プログラムが,データベースの更新途中に物理的原因以外で異常終了した場合,ジャーナルファイルの更新後情報を使用してロールバック処理を行う。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ログファイルやジャーナルファイルは、データベースに対して行った更新履歴で、 トランザクションによるデータの更新前後の値を書き出した更新記録である。

ア:誤り データベースのシステム障害に対しては、データベースのバックアップファイルと 更新履歴を記録したジャーナルファイルを使って、障害前の状態に戻す。

イ:正しい

ウ:誤り トランザクション処理がデッドロック状態になった場合に、排他制御を解除すると データの整合性がとれなくなる。

エ:誤り ロールバックは、データベースのトランザクションによる更新障害に対応する回復処理で、 データベースをトランザクションの更新開始前の状態に戻すことをいう。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]