基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問05
問05   データ構造

 関数や手続を呼び出す際に,戻り番地や処理途中のデータを一時的に保存するのに 適したデータ構造はどれか。

ア 2分探索木        イ キュー

ウ スタック         エ 双方向連結リスト


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:2分探索木は、すべてのノード(節)に対して、 「左の子の値」<「親の値」<「右の子の値」 の関係が成り立つ構造になっているである。

イ:キューは、スタックとは逆に、「先に入力したデータが先に出力される」データ構造である。

ウ:正しい。スタックは、LIFO( Last In First Out )であるから、最後に格納したデータを最初に 取り出すデータ構造である。本を机の上に積み上げるような構造で、 「最後に入力したデータが先に出力される」データ構造である。

エ:双方向連結リストは、双方向にリンクをたどることができる連結リストである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]