基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問56
問56   稼働率を測定するのに適切な時期

 システムの信頼性を比較する目的で稼働率を測定するのに適切な時期はどれか。

ア システムの運用を開始した直後に発生したトラブルが解決されて安定してきた時期

イ システムの運用を開始した時

ウ システムリリースの可否を判断する時期

エ 長期間のシステム利用を経て,老朽化によるトラブルが増え始めた時期


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 新しいシステムを運用する場合、最初に初期トラブルが発生し、長期間システム利用していると 老朽化によるトラブルが増える。

 システムの信頼性を比較する目的で稼働率を測定する場合、 システムの運用を開始してから、初期トラブルが解決され、システムが安定してきた時期が 適切である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]