基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問57
問57   バージョンアップを行うか否かの判断

 データベースシステムと業務アプリケーションが稼働しているサーバの OS のバージョンアップの 案内が届いた。バージョンアップを行うか否かの判断のうち,適切なものはどれか。

ア 業務アプリケーションは長期間使用しているが,データベースシステムは比較的新しいので,OS とデータベースシステムの相性をチェックしバージョンアップをする。

イ 今回のバージョンアップに伴い現在使用している OS はサポート終了となるので,すぐにバージョンアップをする。

ウ データベースシステムは,OS のメーカが提供するデータベース管理機能を使っているのでトラブルはないと判断し,業務アプリケーションと OS の関係を調査し,問題がなければバージョンアップをする。

エ バージョンアップされた OS でのデータベースシステムの稼働を確認した後に,業務アプリケーションの稼働を確認し,問題がなければバージョンアップをする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 サーバの OS のバージョンアップを行うとその OS のもとで稼働しているデータベースシステムと 業務アプリケーションが影響を受ける。

ア:OS とデータベースシステムの相性をチェックしても、業務アプリケーションが動かない可能性がある。

イ:OS がサポート終了となってもすぐに使用できなくなるわけではないので、業務アプリケーションの稼働を 確認してからバージョンアップをする。

ウ:OS のバージョンアップをすることによって、データベースシステムが影響を受けることがある。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]