基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問64
問64   4段階評価のスコアリングモデル

 定性的な評価項目を定量化する方法としてスコアリングモデルがある。4段階評価の スコアリングモデルを用いると,表に示した項目から評価されるシステム全体の目標達成度は何%となるか。

評価項目 重み 判定内容
省力化効果

期間の短縮

情報の統合化

 5

 8

12

予定どおりの効果があった

従来と変わらない

部分的には改善された

4段階評価点 3:予定どおり 2:ほぼ予定どおり
       1:部分改善  0:変わらず
ア 27         イ 36          ウ 43         エ 52
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 3つの評価項目が「予定通り」であった場合のスコアは、

 (5+8+12)×3=75 となる。

問題の表の判定条件からスコアを計算すると

 5×3+8×0+12×1=27 となる。

 表に示した項目から評価されるシステム全体の目標達成度は、

 27 ÷ 75 = 0.36 = 36 % となる。

【平成16年秋 問63 シスアド 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]