基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問03
問03   逆ポーランド表記法

 逆ポーランド表記法(後置表記法)で,“EF−G÷CD−AB+÷+”と表現される式はどれか。

ア ((A+B)+(C−D))÷G−(E÷F)

イ ((A+B)÷(C−D))+G÷(E−F)

ウ ((E−F)÷G)+((C−D)÷(A+B))

エ ((E−F)÷G)÷((C−D)+(A+B))


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 逆ポーランド記法は、演算子を被演算子の後ろに配置する数式の表記法である。

 例えば、A+Bは、AB+と表記する。
 また、カッコを使用しないので、演算子をオペランド間ではなく、 オペランドの後に配置する。例えば、A×(B+C)は、ABC+× となる。

  1. EF− は、(E−F) となる。
  2. G÷ は、(E−F)÷G となる。
  3. CD− は、(C−D) となる。
  4. AB+ は、(A+B) となる。
  5. 次の÷ によって、((C−D)÷(A+B)) となる。
  6. 最後の+ によって、((E−F)÷G)+((C−D)÷(A+B)) となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]