基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問40
問40   利用者を認証するためのシステム

 無線 LAN や VPN 接続などで利用され,利用者を認証するためのシステムはどれか。

ア DES        イ DNS        ウ IDS        エ RADIUS
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 DES( Data Encryption Standard )は、データ暗号化標準で、米国の旧国家暗号規格または、 その規格で規格化されている共通鍵暗号のことである。

イ:誤り。 IP アドレスとフルドメイン名は、1対1に対応しているが、IP アドレスは人間が理解しにくい。 そこで、ドメイン名を IP アドレスに変換するしくみが DNS( Domain Name System )である。

ウ:誤り。 IDS( Intrusion Detection System )は、通信回線を監視し、ネットワークへの不正アクセスを検知する。

エ:正しい。誤り。 RADIUS( Remote Authentication Dial In User Service ) は、ダイヤルアップユーザの 認証を実現することを目的として開発されたが、現在は、 無線 LAN や VPN 接続などで利用者を認証するためのシステムである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]