基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問46
問46   カプセル化の効果

 オブジェクト指向でシステムを開発する場合のカプセル化の効果はどれか。

ア オブジェクトの内部データ構造やメソッドの実装を変更しても,ほかのオブジェクトがその影響を受けにくい。

イ 既存の型に加えてユーザ定義型を追加できるので,問題領域に合わせてプログラムの仕様を拡張できる。

ウ 子クラスとして派生するので,親クラスの属性を子クラスが利用できる。

エ 同一メッセージを送っても,受け手のオブジェクトによって,それぞれが異なる動作をするので,メッセージを受け取るオブジェクトの種類が増えても,メッセージを送るオブジェクトには影響がない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オブジェクト指向では、クラス内のメソッドやプログラムをクラスの外から見えなくすることを「情報の隠蔽」とよぶ。 これにより、プログラムを作成する場合、メソッドに引数を渡すだけでメソッドの中の処理を気にする必要がなくなる。

 オブジェクトの外からオブジェクトの内部への直接の操作を禁止することを「カプセル化」とよぶ。 カプセル化によって、オブジェクト内のインスタンス変数への操作は、メソッドを呼び出すことで可能になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]