基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問52
問52   開発を完了させるための工数

 あるシステムを開発するための工数を見積もったところ 150 人月であった。 現在までの投入工数は 60 人月で,出来高は全体の3割であり,進捗に遅れが生じている。 今後も同じ生産性が続くと想定したとき,このシステムの開発を完了させるためには何人月の工数が超過するか。

ア 50        イ 90        ウ 105        エ 140
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 現在までの投入工数は 60 人月で、出来高は全体の3割なので、 完了までにかかる工数は、以下のようになる。

 60 人月÷ 0.3 = 200 人月

 システムを開発するための工数は 150 人月なので、

 200 人月−150 人月= 50 人月 となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]