基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問53
問53   システム規模を見積もる方法

 入力,出力などを基に複雑さを加味してシステム規模を見積もる方法であり, 開発工数の見積りにも使われるものはどれか。

ア COCOMO                 イ 標準タスク法

ウ ファンクションポイント法        エ プットナム(Putnum)モデル


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ファンクションポイント法は、ソフトウェアの機能数を基にソフトウェアの規模を測定する手法である。

 外部入出力、内部論理ファイル、照会、インタフェースなどの機能をポイント数として数値化し、 そのポイント数の合計によって、ソフトウェアの開発規模を見積る方法である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]