基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問19
問19   高速の補助記憶装置を介して行う方式

 システム全体のスループットを高めるため,主記憶装置と低速の出力装置との データ転送を,高速の補助記憶装置を介して行う方式はどれか。

ア スプーリング        イ スワッピング

ウ ブロッキング        エ ページング


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 磁気ディスク装置上の入力/出力待ち行列および入力/出力データ域を使う技法を スプーリング( spooling )とよんでいる。

 スプーリングを行う目的は、補助記憶装置を用いて,プリンタなどの低速の入出力を使用したときの システムの処理効率を高めることである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]