基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問29
問29   関係データベースの説明

 関係データベースの説明として,適切なものはどれか。

ア 属性単位に,属性値とその値をもつレコード格納位置を組にして表現する。索引として利用される。

イ データを表として表現する。表間は相互の表中の列の値を用いて関連付けられる。

ウ レコード間の関係を,ポインタを用いたデータ構造で表現する。木構造の表現に制限される。

エ レコード間の関係を,リンクを用いたデータ構造で表現する。木構造や網構造も表現できる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 関係データベース( Relational DataBase )とは、データを2次元の 表形式・関係表にまとめたものを指す。関係表はレコード(行)、フィールド (列)、ダブル(組)、アトリビュート(属性)から構成される。

ア:属性とは、関係を構成する列の定義域のことを指す。関係データベースでは、 属性値とその値を持つレコード格納位置は君として表現しない。

イ:関係データベースの正確な表記である。よって、正解である。

ウ:ポインタとは、変数のアドレスを記憶する変数のことを指す。 リスト構造においてはデータ項目の位置情報に関連があるが、関係データベースや データ構造とは関係がない。

エ:リンクとは、文章から他の文章や画像へ移動するための位置情報であり、 関係データベースやデータ構造とは関係がない。

【平成19年秋 問63】
【平成16年春 問67】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]