基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問26
問26   フラッシュメモリの説明

 フラッシュメモリの説明として,適切なものはどれか。

ア 書込み回数は無限である。

イ 書込み時は回路基盤から外して,専用の ROM ライタで書き込まなければならない。

ウ 定期的にリフレッシュしないと,データが失われる。

エ データ書換え時には,あらかじめ前のデータを消去してから書込みを行う。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 フラッシュメモリは、ディジタルカメラなどの記録として使われ、 書き換えが可能で電源を切っても内容を保持できるメモリである。

ア:誤り。書込み回数に制限がある。

イ:誤り。フラッシュメモリは、専用の ROM ライタは不要である。

ウ:誤り。DRAM( Dynamic RAM )の説明である。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]