基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問54
問54   デルファイ法の説明

 リスク識別に使用する技法の一つであるデルファイ法の説明はどれか。

ア 確率分布を使用したシミュレーションを行う。

イ 過去の情報や知識を基にして,あらかじめ想定されるリスクをチェックリストにまとめておき,チェックリストと照らし合わせることでリスクを識別する。

ウ 何人かが集まって,他人のアイディアを批判することなく,自由に多くのアイディアを出し合う。

エ 複数の専門家から得られた匿名の見解を要約して,再配布することを何度か繰り返して収束させる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 デルファイ法は、技術予測や未来予測でよく用いられる手法で、以下の手順を繰り返して、 予測の精度を向上させていく方法である。
  1. 複数の専門家が予測する
  2. 得られた結果を再び専門家にフィードバックする
  3. この集約結果を参照し、再度、予測を行う

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]