基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   キャッシュメモリのヒット率

 主記憶のアクセス時間 60 ナノ秒,キャッシュメモリのアクセス時間 10 ナノ秒のシステムがある。 キャッシュメモリを介して主記憶にアクセスする場合の実効アクセス時間が 15 ナノ秒であるとき, キャッシュメモリのヒット率は幾らか。

ア 0.1       イ 0.17       ウ 0.83       エ 0.9
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 データがキャッシュメモリに存在する確立をヒット率とよぶ。 データがキャッシュメモリになく、主記憶装置にある確立は、(1−ヒット率)となる。

実効アクセス時間=キャッシュメモリのアクセス時間×ヒット率+主記憶のアクセス時間×(1−ヒット率)

であるのから、

15 ナノ秒=10 ナノ秒×ヒット率+60 ナノ秒×(1−ヒット率)

となる。ヒット率をHとすると、

15 ナノ秒=10 ナノ秒×H+60 ナノ秒×(1−H)

15 = 10×H+60 −60H

H= 0.9

【平成19年春 問20】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]