基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問19
問19   処理できるTPSの件数

 Web サーバとデータベースサーバ各1台で構成されているシステムがある。次の運用条件の場合, このシステムでは最大何 TPS 処理できるか。ここで,各サーバの CPU は,1個とする。

〔運用条件〕

(1) トランザクションは,Web サーバを経由し,データベースサーバで SQL が実行される。

(2) Web サーバでは,1トランザクション当たり,CPU 時間を1ミリ秒使用する。

(3) データベースサーバでは,1トランザクション当たり,データベースの 10 データブロックに アクセスする SQL が実行される。1データブロックのアクセスに必要なデータベースサーバの CPU 時間は, 0.2 ミリ秒である。

(4) CPU 使用率の上限は,Web サーバが 70%,データベースサーバが 80%である。

(5) トランザクション処理は,CPU 時間だけに依存し,Web サーバとデータベースサーバは 互いに独立して処理を行うものとする。

ア 400       イ 500       ウ 700       エ 1,100
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 TPS は、1秒間にそのサーバが処理するトランザクション件数である。

 Web サーバでは、1トランザクション当たり、CPU 時間を1ミリ秒使用し、 CPU 使用率の上限が 70%であるから、処理できるトランザクションの数は 700 件になる。

 データベースサーバでは、1トランザクション当たり、データベースの 10 データブロックに アクセスする SQL が実行される。データブロックのアクセスに必要なデータベースサーバの CPU 時間は, 0.2 ミリ秒で、CPU 使用率の上限は、80%であるから、処理できるトランザクションの数は 400 件になる。

 システム全体で処理できるトランザクション数は、 各サーバが処理できる件数の小さい値であるから 400 件になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]