基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問39
問39   DHCPの説明

 DHCP の説明として,適切なものはどれか。

ア IP アドレスの設定を自動化するためのプロトコルである。

イ ディレクトリサービスにアクセスするためのプロトコルである。

ウ 電子メールを転送するためのプロトコルである。

エ プライベート IP アドレスをグローバル IP アドレスに変換するためのプロトコルである。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:DHCP( Dynamic Host Configuration Protocol ) は、 各クライアントに、 起動時に動的に IP アドレスを割り当てる機能である。一定時間使用しない場合は、 IP アドレスを回収し、他のクライアントに割り当てる。 DHCP サーバは、IP アドレスをクライアント用にいくつかまとめて用意しておく。

イ:LDAP( Lightweight Directory Access Protocol ) は、インターネット上にある ディレクトにアクセスするためのプロトコルである。

ウ:SMTP( Simple Mail Transfer Protocol ) は、インターネット、 イントラネット上で、電子メールを転送するための通信プロトコルである。

エ:NAT(Network Address Translation )は、IP アドレスの枯渇を 防ぐための手法の1つである。社内、家庭内で、プライベート IP アドレスを 使って通信を行い、インターネットに接続するためのグローバル IP アドレスと 変換する機能が、NAT である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]