基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問47
問47   設計書をレビューする方法

 設計上の誤りを早期に発見することを目的として, 作成者と複数の関係者が設計書をレビューする方法はどれか。

ア ウォークスルー      イ 机上デバッグ

ウ トップダウンテスト    エ 並行シミュレーション


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:ウォークスルー は、 開発するプログラムの関係者が集まって、複数のメンバでシステムやプログラムに 欠陥がないかを話し合い、問題点やバグの早期発見ができるようにする手法である。

イ:机上デバッグ は、プログラムが 仕様書や流れ図どおりに作成できているかチェックしたり、流れ図自身に まちがいがないかなどを検討する。

ウ:トップダウンテスト は、下位のモジュールができていない状態で 上位のモジュールをテストする。

【平成13年春 問50】

【平成18年春 問43】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]