基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 秋期 基本情報技術者 午前 問12
問12   マスクROMを使用するメリット

 組込みシステムのプログラムを格納するメモリとして,マスク ROM を使用するメリットはどれか。

ア 紫外線照射で内容を消去することによって,メモリ部品を再利用することができる。

イ 出荷後のプログラムの不正な書換えを防ぐことができる。

ウ 製品の量産後にシリアル番号などの個体識別データを書き込むことができる。

エ 動作中に主記憶が不足した場合,補助記憶として使用することができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 マスク ROM は、製造段階で、メーカがユーザの仕様に従って情報を書き込む方式で、 利用者が書き換えることができない。よって、出荷後のプログラムの不正な書換えを防ぐことができる。

ア:EPROM( Erasable PROM )>の説明である。

ウ:EEPROM(Electrically Erasable PROM)の説明である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]