基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 秋期 基本情報技術者 午前 問13
問13   静電容量方式タッチパネルの記述

 静電容量方式タッチパネルの記述として,適切なものはどれか。

ア タッチすることによって,赤外線ビームが遮られて起こる赤外線反射の変化を捉えて位置を検出する。

イ タッチパネルの表面に電界が形成され,タッチした部分の表面電荷の変化を捉えて位置を検出する。

ウ 抵抗膜に電圧を加え,タッチした部分の抵抗値の変化を捉えて位置を検出する。

エ マトリックス状に電極スイッチが並んでおり,押された部分の電極で位置を検出する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 タッチパネルは、携帯小型電子装置、銀行の ATM や切符自動販売機、POS など多くの装置で 使用されてある。

 タッチパネルの動作原理には、 赤外線方式(ア)、静電容量方式(イ)、抵抗膜方式(ウ)、マトリックススイッチ方式(エ)、 表面弾性波方式、電磁誘導方式などがある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]