基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 秋期 基本情報技術者 午前 問36
問36   媒体障害時のデータベース回復

 媒体障害時のデータベース回復に備え,あるバックアップ時点から次の バックアップ時点までの間のデータとして,稼働中のデータベースとは 別の媒体に保存しておく必要のあるものはどれか。

ア インデックスデータ       イ チェックポイントデータ

ウ ディクショナリデータ       エ ログデータ


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:インデックスは、データベースの検索速度を向上させるための索引データである。

イ:チェックポイントデータは、プログラムが正常に動いているときに一定時間間隔、あるいは特定の実行の たびにそのときの状態を再現するのに必要なレジスタ、記憶領域の内容などを補助記憶領域に記録したてデータである。

ウ:ディクショナリデータは、データベースに保存しているデータの属性とそのデータ項目を 使っているファイルとの関係を管理したデータである。

エ:ログデータは、データベースの回復処理のため、データの更新前後の値を書き出したデータである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]