基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問20
問20   モジュール結合

 プログラムを構成するモジュールの結合をプログラムの実行時に行う方式はどれか。

ア インタプリタ        イ オーバレイ

ウ 静的リンキング      エ 動的リンキング


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:インタプリタ 
プログラミング言語で記述したソフトウェアのソースコードを1行ずつ翻訳・実行する ソフトウェアである。インタプリタ言語はプログラムの実行時に変換を行うので、 その分コンパイラ型言語よりも実行速度は遅い。

イ:オーバレイ 
プログラムを機能ごとにモジュール分割し、実行時に必要なモジュールのみをロードすることを指す。

ウ:静的リンキング 
プログラム実行前、主記憶上にモジュールをロードし、リンクを行うことを指す。

エ:動的リンキング 
別名、ダイナミックリンキング。実行時、主記憶上にモジュールをロードし、 リンクすることを指す。静的リンキングと比較して、実行前のプログラム容量負担が少ない。 よって、正解である。

【平成16年春 問45】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]