基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問43
問43   ウイルスの調査手法に関する記述

 ウイルスの調査手法に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 逆アセンブルは,バイナリコードの新種ウイルスの動作を解明するのに有効な手法である。

イ パターンマッチングでウイルスを検知する方式は,暗号化された文書中のマクロウイルスの動作を解明するのに有効な手法である。

ウ ファイルのハッシュ値を基にウイルスを検知する方式は,未知のウイルスがどのウイルスの亜種かを特定するのに確実な手法である。

エ 不正な動作からウイルスを検知する方式では,ウイルス名を特定するのに確実な手法である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。

イ:誤り。パターンマッチングは、既知のウイルスなどの検出に有効な手法である。

ウ:誤り。ファイルのハッシュ値を確認することでウイルスに感染しているか確認することができる。

エ:誤り。不正な動作からウイルスを検知する方式では、未知のウイルスも検出することが可能である。

【平成23年春 情報セキュリティ 午前II 問10】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]