基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問53
問53   プロジェクトに要する全工数

 ある新規システムの開発規模を見積もったところ,500 ファンクションポイント(FP)であった。 このシステムを構築するプロジェクトには,開発工数の他にシステムの導入や 開発者教育の工数が 10 人月必要である。また,プロジェクト管理に,開発と導入・教育を 合わせた工数の 10% を要する。このプロジェクトに要する全工数は何人月か。 ここで,開発の生産性は1人月当たり 10FP とする。

ア 51      イ 60      ウ 65      エ 66
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ファンクションポイント法(FP 法)は、ソフトウェアの機能数を基にソフトウェアの規模を測定する手法である。

 問題の新規システムの工数をまとめると以下のようになる。

  • 開発:500FP
  • システムの導入や開発者教育の工数:10 人月(100FP)
  • プロジェクト管理(開発と導入・教育の 10%):600FP の 10%=60FP

 このプロジェクトに要する全工数は、500FP+100FP+60FP=660FP となる。 よって、66 人月となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]