基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 秋期 基本情報技術者 午前 問28
問28   クライアントサーバシステム

 クライアントサーバシステムにおいて, 利用頻度の高い命令群をあらかじめサーバ上の DBMS に用意しておくことによって, データベースアクセスのネットワーク負荷を軽減する仕組みはどれか。

ア 2相コミットメント

イ グループコミットメント

ウ サーバプロセスのマルチスレッド化

エ ストアドプロシージャ


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:2相コミットメント機能  分散データベースシステムで、一連のトランザクション処理を行う複数サイトに 更新可能かどうかを問い合わせ、すべてのサイトが更新可能であることを確認した後、 データベースの更新処理を行う方式を「2相コミット」とよぶ。

イ:グループコミットメント機能  ネットワーク環境で処理要求が同時に発生した場合に複数の処理を まとめることによってネットワークの負荷を軽減する機能である。

ウ:サーバプロセスのマルチスレッド機能  同一プログラムを独立した複数の処理に分割し、並行処理することによって、 処理を向上させる機能である。

エ:ストアドプロシージャ機能  データベースに対する処理で繰り返し実行するものをまとめてサーバに保存したものである。

【平成20年春 問61】

【平成17年春 問31】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]