基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 秋期 基本情報技術者 午前 問32
問32   演算効率に関する問題

 表は,トランザクション1〜3が資源 A 〜 C にかけるロックの種別を表す。 また,資源へのロックはトランザクションの開始と同時にかけられる。 トランザクション1〜3のうち二つのトランザクションをほぼ同時に開始した場合の動きについて, 適切な記述はどれか。 ここで,表中の“−”はロックなし,“S”は共有ロック,“X”は専有ロックを示す。

ア トランザクション1の後にトランザクション3を開始したとき,トランザクション3の資源待ちはない。

イ トランザクション2の後にトランザクション1を開始したとき,トランザクション1の資源待ちはない。

ウ トランザクション2の後にトランザクション3を開始したとき,トランザクション3の資源待ちはない。

エ トランザクション3の後にトランザクション1を開始したとき,トランザクション1の資源待ちはない。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:資源Aはトランザクション1が共有ロックしているためトランザクション3が占有ロックできない。

ウ:資源Aはトランザクション1が共有ロックしているためトランザクション3が占有ロックできず、 資源Bはトランザクション1が占有ロックしているためトランザクション3が共有ロックできない。

エ:資源Aはトランザクション3が占有ロックしているためトランザクション1が共有ロックできない。

よって「イ」が適切である。

【平成20年春 問59】類題


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]