基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 秋期 基本情報技術者 午前 問37
問37   宛先情報の送出順序

 1個の TCP パケットをイーサネットに送出したとき,イーサネットフレームに 含まれる宛先情報の,送出順序はどれか。

ア 宛先 IP アドレス,宛先 MAC アドレス,宛先ポート番号

イ 宛先 IP アドレス,宛先ポート番号,宛先 MAC アドレス

ウ 宛先 MAC アドレス,宛先 IP アドレス,宛先ポート番号

エ 宛先 MAC アドレス,宛先ポート番号 ,宛先 IP アドレス


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 イーサネットでは、パケットの代わりにフレームという用語が使われ、 イーサネットフレームとも呼ばれている。

イーサネットフレームに含まれる宛先情報の送出順序は、 「宛先 MAC アドレス」,「宛先 IP アドレス」,「宛先ポート番号」である。

 MAC アドレスは、ネットワーク上のコンピュータを識別するためにネットワーク機器の ハードウェアに割り当てられる6バイトの物理アドレスである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]