基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 秋期 基本情報技術者 午前 問54
問54   作業工数の計算

 全部で 100 画面から構成されるシステムの画面作成作業において,規模が小かつ複雑度が単純な画面が 30, 中規模かつ普通の画面が 40,大規模かつ普通の画面が 20,大規模かつ複雑な画面が 10 である場合の工数を, 表の標準作業日数を用いて標準タスク法で見積もると何人日になるか。ここで, 全部の画面のレビューに5人日を要し,作業の管理に,レビューを含めた作業工数の 20 %を要するものとする。

ア 80          イ 85          ウ 101          エ 102
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 表より各画面当たりの標準作業日数は以下のようになる。
  • 小規模かつ複雑度が単純な画面 30:標準作業日数= 0.4
  • 中規模かつ複雑度が普通の画面 40:標準作業日数= 0.9
  • 大規模かつ複雑度が普通の画面 20:標準作業日数= 1.0
  • 大規模かつ複雑度が複雑な画面 10:標準作業日数= 1.0

 0.4 × 30 + 0.9 × 40 + 1.0 × 20 + 1.2 × 10 = 80 人日となる。

 全部の画面のレビューに5人日を要し、作業の管理にレビューを 含めた作業工数の 20 %を要するので、

 (80 +5)× 1.2 = 102 人日となる。

【平成18年春 問37】初級シスアド


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]