基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問16
問16   ページング方式の仮想記憶

 ページング方式の仮想記憶を用いることによる効果はどれか。

ア システムダウンから復旧するときに,補助記憶のページを用いることによって主記憶の内容が再現できる。

イ 処理に必要なページを動的に主記憶に割り当てることによって,主記憶を効率的に使用できる。

ウ 頻繁に使用されるページを仮想記憶に置くことによって,アクセス速度を主記憶へのアクセスよりも速めることができる。

エ プログラムの大きさに応じて大小のページを使い分けることによって,主記憶を無駄なく使用できる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ページング方式は、仮想記憶空間と実記憶空間を固定長の領域に区切り、対応づけて管理する方式である。

 ページング方式は、セグメント単位で仮想記憶と主記憶の入れ替えを行う。 主記憶上に必要なページがない(ページフォルト)とき、仮想記憶から必要なページを転送する。 これをページインとよぶ。このとき主記憶上で不要な ページを仮想記憶に戻すことことをページアウトとよぶ。 ページアウトのやり方の代表的なものに FIFO 方式と LRU 方式がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]