基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問23
問23   ヒューマンインタフェースの機能

 ヒューマンインタフェースの機能のうち,定型的な作業を頻繁に行う利用者の 操作数を少なくする目的で用いられるものはどれか。

ア 一連のコマンドをひとまとめにしたマクロ機能

イ 最後の画面でまとめて入力エラーを表示する機能

ウ 全工程のうち,現在どこまで進んでいるかを表示する機能

エ 操作を誤ったときに前の状態に戻すことができる機能


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 マクロは、アプリケーションソフトなどで定型的な作業の操作手順をマクロ名に登録して、 マクロを呼び出して実行させ、頻繁に行う利用者の操作数を少なくすることができる機能である。

 ワープロや表計算ソフトなどの多くがマクロ機能を備えている。 また、エディタには、キーボードマクロを使用できるものがある。キーボードマクロは、 操作の記録開始から記録終了までの間に行ったキーボードやマウスからの入力作業を記憶させて、 記録した操作を繰り返させることができる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]