基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問70
問70   予測技法について

 他の技法では答えが得られにくい,未来予測のような問題に多く用いられ、 (1) 〜 (3) の手順に従って行われる予測技法はどれか。

(1) 複数の専門家を回答者として選定する。

(2) 質問に対する回答結果をフィードバックし,再度質問を行う。

(3) 回答結果を統計的に処理し,分布とともに回答結果を示す。

ア クロスセクション法      イ シナリオライティング法

ウ 親和図法        エ デルファイ法


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:クロスセクション法は、時間と共に変動していく事例を他の事例から将来像を 予測する方法である。

イ:シナリオライティング法は、仮説に従い将来起こりそうな事柄を予測し、 複数の代替案を作成する方法である。

ウ:親和図法は、収集した情報を相互の関連によってグループ化し、 解決すべき問題点を明確にする方法である。

エ:デルファイ法は、専門家がそれぞれ独自に意見を出して、将来を予測する方法である。

【平成21年春 問24 システム監査】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]