基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問18
問18   ページインページアウトの発生

 仮想記憶方式のコンピュータシステムにおいて処理の多重度を増やしたところ, ページイン,ページアウトが多発して,システムの応答速度が急激に遅くなった。 このような現象を何というか。

ア オーバレイ        イ スラッシング

ウ メモリコンパクション        エ ロールアウト


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:オーバレ は、主記憶に入りきらないプログラムを実行する際に、 必要になったモジュールを補助記憶装置から主記憶に取り込む手法である。

イ:スラッシング は、ページアウト、ページインが頻発し、処理能力が低下する現象である。

ウ:メモリコンパクション は、使用中のメモリ領域をまとめて、未使用領域を確保する機能である。

エ:ロールアウト は、主記憶の空きがないときに、優先順位の低い情報を補助記憶装置へ退避させる機能である。

【平成23年春 問20 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]