基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問19
問19   スケジューリング方式の説明

 ノンプリエンプティブなスケジューリング方式の説明として,適切なものはどれか。

ア 新しいタスクが実行可能状態になるたびに,各タスクの残りの実行時間を評価し,その時間が短いものから順に実行する。

イ 実行状態としたタスクが決められた時間内に待ち状態に遷移しないときに,そのタスクを中断して実行待ち行列にある次のタスクを実行状態とする。

ウ 実行状態としたタスクが自ら待ち状態に遷移するか終了するまで,他のタスクを実行状態とすることができない。

エ タスクが実行可能状態になったときに,そのタスクの優先度と,その時,実行状態であるタスクの優先度とを比較して,優先度が高い方のタスクを実行状態とする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ノンプリエンプティブ方式のスケジューリング方式では,OS がシステム資源を割当てるタスクを 強制的に切り替えのではなく、タスクの到着順、処理時間や残り処理時間によって優先度を決める。

 プリエンティブ方式のスケジューリング方式では、OS がシステム資源を割当てるタスクを強制的に切り替える。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]