基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問37
問37   キーロガーの悪用例

 キーロガーの悪用例はどれか。

ア 通信を行う2者間の経路上に割り込み,両者が交換する情報を収集し,改ざんする。

イ ネットバンキング利用時に,利用者が入力したパスワードを収集する。

ウ ブラウザでの動画閲覧時に,利用者の意図しない広告を勝手に表示する。

エ ブラウザの起動時に,利用者がインストールしていないッールバーを勝手に表示する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 キーロガーは、キーボードからの入力を監視して記録するソフトウェアである。 本来は、利用者のキー操作を記録して、デバッグやユーザ相談などを利用するためのソフトウェアである。

 キーロガーの悪用例として、複数の人間が利用するインターネットカフェなどの パソコンにこっそり仕掛けて、パスワードやクレジットカード情報などを収集して、 悪用されることがある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]